講師サポート

教室開講準備から開講までをサポートします 

認定講師資格を取得すると個人事業主として「ベビーマッサージ教室」や「0,1,2歳児親子教室」を開講することができます。 自宅以外に、幼稚園・こども園、カルチャーサロンや子育て支援センターなど、様々な場所で教室開講のチャンスがあります。

教室開講までの流れ




【Step1】各種養成講座を受講し資格を取得

【Step2】認定講師としての登録
講師資格を取得後、当協会の認定講師として別途ご登録をお願いしています。
※詳細はこちらをご覧ください
認定講師としての登録料をお支払いいただいた後、下記のサポートを開始させていただきます。

★サポート内容★
● 名刺作成購入 (初回100枚無料作成)●ベビーマッサージテキスト(受講生ママ配布用) ●協会指定エプロン ●オイル 等の 教材注文(一部割引価格にて提供)
● 各種素材のダウンロード(協会ロゴ、写真、レクチャーイラスト、カリキュラム等)

● 講師間の勉強会、交流会の開催 ●FaceBook非公開グループでの情報交換 ●損害補償保険への 団体加入 (※教室の事前申請が必要です)
●当協会サイト、公式ブログ、Facebook等での教室情報紹介
●その他、貸し教室探し、プログラム内容のご相談等事務局でサポートします

【Step3】教室開講の準備・生徒の募集
当協会の事務局では開講準備のご相談に応じます。 協会ホームページ、公式ブログ、FaceBook等で体験レッスンの告知や生徒募集の宣伝をお手伝いいたします。
教室情報掲載準備・保険適用のため事前に事務局へ教室開講の申請をお願いしています。

【Step4】教室の開講
いよいよ教室の開講です。
開講後も、当協会事務局にていつでもご相談に対応いたします。

様々な活躍の場があります

◆自宅やカルチャーセンターで教室を開講する

自宅なら子育て中のママさんでも自分の好きな時間で開講することができます。協会のホームページでは教室紹介もいたします。カルチャーセンターでは生徒さん集めをカルチャーセンター側で行ってくれるので便利です。(ふれあい育児インストラクター)

◆専門職のスキルアップ

「ふれあい育児インストラクター」「育児コンシェルジュ」は共に保育士、看護師、助産師など普段から赤ちゃんと接する職業の方にも取得していただくことで更なるスキルアップができます。
ベビーマッサージは一部の小児科、産婦人科の親子学級にもサービスの一環として提案されている場合もございます。
また、ベビササイズ、ふれあい遊び、クラフト制作、わらべ歌などの技術は自身で教室を開催する際に、実践でも活躍することができるスキルです。
自分自身の家族や育児に役立てるために資格を取得される方もいらっしゃいます。
(ふれあい育児インストラクター・育児コンシェルジュ)

◆幼稚園、こども園、児童館や子育て支援センターでの教室開講・各種講演・指導

地域の児童館や子育て支援センターで普及活動として「0,1,2歳児親子教室」を開講行うことができます。 「0,1,2歳児親子教室」を開講するために必要なビジネスマナーや営業・集客についても養成講座にて学ぶことができます。(育児コンシェルジュ)
★現在の導入園一覧はこちらから

◆各種商業施設や企業主催イベントでの講演

親子で遊べる、学べる、楽しめる講座・講演は集客効果の高いイベントとして認知されています。
企業側からの依頼や講師からの提案でイベントを実現することも可能です。
当協会でもイベントを開催する際には認定講師の皆様と一緒に参加をしています。イベントに参加することで実地経験となり自信にもつながります。
(ふれあい育児インストラクター・育児コンシェルジュ)
★過去のイベント参加実績はこちらから


各種お問合せは こちら で承ります