ふれあい育児インストラクターとは

ふれあい育児インストラクター

当協会のオリジナルカリキュラムで各専門分野に特化した育児のインストラクターを養成する講座です。

『ベビーマッサージ』の技術を正しく学び、乳幼児の発達過程やオイルの知識を学ぶだけではなく、資格取得後にご自身で開講するための『ビジネスマナー・開業・集客方法』なども一緒に学びます。
また、『ベビササイズ®』も一緒に習得します。ベビササイズはベビーマッサージを始める前の親子のふれあい遊びです。

当協会の養成講座は、スクーリング(通学)になります。
講師は当協会代表三上千賀が必ず行っています。
直接講義をさせていただくことで、協会の理念や思いが伝えられると考えています。
座学だけではなく、ベビーマッサージ ・ベビササイズ®を実際に実技指導をすることが重要だと考えるからです。自らこれを体験して初めて、赤ちゃんを育てているママ達に直接教えられる教室の運営ができるのです。

この養成講座(2日間)を修了し、実技試験を合格した方が当協会の認定講師として登録させていただきます。
認定講師は「ふれあい育児インストラクター」としてご自身でベビーマッサージ&ベビササイズ®教室が開業できるようになります。

★こちらもご覧ください⇒  

また、一定の経験と知識を得た方には「ふれあい育児マイスター(商標出願中)」としての称号も付与いたします。 ※今後『ふれあい育児インストラクター』の様々な資格講座を展開する予定です


ベビーマッサージとは

一番大切なのはママのあたたかいお手てでの
ふれあい
(ボディタッチ)



『ふれあう』ことで赤ちゃんへ安心感を与え、親と赤ちゃんの両方に癒しを与えてくれると考えています。赤ちゃんは、ママにふれてもらうこと抱っこされることがとっても大好きです。

◆人間は『ふれあい』をすることで人との関係性・社会性能力を育むと近年の研究で分かっています。
 生理学の世界では『皮膚は露出した脳』、直接触れることが子供の脳に直接影響を与えると言われています。実は、脳と表皮はもともと同じ細胞から分裂してできています。
 そのため、『皮膚は最大の臓器』と言われていることをご存知の方もいらっしゃるかと思います。
赤ちゃんの健康や育児を積極的に考えるママが多いと言われている今、赤ちゃんを育てているママ達の間でベビーマッサージが流行している理由の一つかもしれません。

◆「ふれあい育児インストラクター」養成講座では、『赤ちゃんの発達過程等の知識』も含めて総合的にベビーマッサージの技術を実践で学習します。

また、本講座では『ベビーマッサージ』と同時に『ベビササイズ®(赤ちゃん体操)』『絵本の読み聞かせ』『ふれあい遊び』など実戦で役立つ知識と技術も学ぶことができます。
あまり聞きなれない『ベビササイズ®(当協会のオリジナルの赤ちゃん体操)』は赤ちゃんの成長発達に合わせた体操です。ベビーマッサージの準備運動としても行います。

突然、赤ちゃんのお洋服を脱いでベビーマッサージを始めると赤ちゃんはびっくりしてしまうでしょう。
ベビササイズはベビーマッサージを始める前のふれあい遊びとしても大切な役割を持っています。


ふれあい育児インストラクターの資格取得はこんな方に最適

子育て経験を仕事に生かしたい方、子育てと仕事の両立をさせたい方
時間を自由に使いながら仕事をしたい方
● ご自宅やカルチャーセンター、商業施設等で『ベビーマッサージ&ベビササイズ®』の教室・講座を開催したい方
● ご自身の赤ちゃんに正しいスキンケアの知識とベビーマッサージを行ってあげたい方
● 現在、育児関連のお仕事をされている方でスキルアップをしたい方
社会貢献できる仕事に興味があり、赤ちゃんが好きな方


ふれあい育児インストラクター養成講座について

本講座での講師育成は複数のカリキュラムをバランスよく習得することで、『ふれあい育児インストラクター』の資格取得を目指していきます。


 ●受講日程●
  全2日間(スクーリング約12時間 + 自宅学習約3時間 合計15時間程度)
  ※1日辺り約5~6時間のスクーリング出席、課題レポート提出、課題準備等約3時間の自宅学習
  (詳しくは⇒カリキュラム参照
   
 ●受講内容●
  座学講義、実技・実践指導、課題レポート提出、課題発表、 実技試験、面接など
  ※講師育成講座受講料の他に、試験料が別途かかります(詳しくは⇒受講料一覧ページ参照


●養成講座を欠席された場合●
 基本2日間すべての日程に出席をお願いしています。
 途中の日程を休まれた場合、講師認定試験の合格率はかなり低くなります。
 やむをえず、1日目から2日目のどれかを欠席される場合は自己責任において、その日の内容の
 自己学習をお願いします。
 クラスメイトにノートを見せてもらったり、内容を説明してもらったりすることが必要です。
 担当講師や事務局はそのお手伝いはできませんのでご了承ください。


受講資格

 ●18歳以上の方で高校卒業以上の学歴をお持ちの方
 ● 赤ちゃんや、小さなお子さん、その保護者の方を対象にやさしく、楽しく対応・指導ができる方
 ●2日間の全日程に参加できる方
 ※お子様同伴での受講はできませんのでご了承ください。


ふれあい育児インストラクター養成講座のカリキュラム

  全2 回 計12時間の講座受講と 約3時間の自己学習( レポート作成、デモレッスン準備など)ベビーマッサージの講師として活動するために必要な知識も身につけます。
さらに「ふれあい遊び」「絵本」「ベビササイズ®(赤ちゃん体操)」など講師として実際に活用できるスキルも同時に学びます。
デモレッスンでは実際に講師としてベビーマッサージのレッスンを行っていただきます。適正試験、課題などで総合評価し、 一定のレベルに達した受講者は日本ふれあい育児協会の講師として認定されます。
●ふれあい育児インストラクター教材●

●ふれあい育児インストラクター受講カリキュラム一覧●

回 数 所要時間 プログラムの内容
第1回 約6時間 1 オリエンテーション
2 乳幼児の発達過程と月齢ごとの特徴
3 運動機能と生理機能の発達(粗大運動と微細運動)
4 赤ちゃんの脳と神経の発達
5 ふれあいの大切さ
6 ベビーマッサージ
ベビササイズ®(赤ちゃん体操)
7 ふれあい遊びと絵本
8 講師の心構えとクラス準備
9 クラス計画の作成(ベビーマッサージ)
10 デモレッスンの割り当て・詳細
課 題
(自宅学習)
約3時間 課題レポートの作成と提出、デモレッスンの準備
第2回 約6時間 11 デモレッスン発表
12 面接・個別指導 
13  教室の開講について、営業、報酬、マーケティング
14 教室の運営ツールと使い方
15  協会の役割と認定講師とは
16 ビジネスマナー

養成講座のお申し込み方法と開催日程について






受講料・お支払いについて


各種養成講座に関するお問合せは こちら で承ります